ニライカナイからの手紙

c0117287_1049260.jpg


すりきれた手紙を抱きしめ、少女は大人になる。
沖縄の竹富島を舞台に、母親と娘、その祖父の三世代にわたる心の絆をつづる感動作。
主演は蒼井優。

「風希、お誕生日おめでとう・・・」
涙を必死にこらえながら竹富島の船着場で母 昌美を見送った6歳からずっと、
風希と母をつなぐものは、毎年誕生日に送られてくる手紙だけだった。
竹富島で祖父 とふたりで暮らす風希。やがて、父の遺品のカメラで写真を撮り始めた彼女は、
カメラマンになることを夢見ながら、母のいる東京への思いを募らせていく。

・・・号泣しました。

ものすごくシンプル。
流れもある程度は予想してしまう。
それなのに。
なんでこんなに涙が出るんだろう・・・。
泣き始めたら止まらなくなってしまった。

長い年月に蓄積された風希の母への想い。
母からの娘への深い想い。
それを見守り続ける祖父の想い。
島の人々の想い。

風希にも、母にも感情移入してしまいます。
風希をこんなにもナチュラルに演じる蒼井優がいい。
ちょっと韓国映画に近いものを感じました。
素晴らしい映画です。
ひとりで丁寧にじっくりと観てください。

エンディングに流れる「太陽ぬ花」がまた良くて。
この映画に寄り添うような歌でした。
[PR]

  # by pastellight | 2007-05-11 10:50 | 映画(邦画)

風花 kaza-hana

c0117287_10402615.jpg


酔っ払ったはずみで万引き事件を起こし、謹慎中のキャリア官僚の男。
死別した夫の借金を返済するため、娘を故郷に預けてピンサロで働く風俗嬢。
性格も生活もまったく異なるふたりが偶然出会い、
彼女の故郷・北海道へとともに赴いていくロードムービー。
恋愛感情が芽生えているのかどうかも定かではない両者の曖昧な交流から、
不思議とせつなく愛しい感情が醸し出されていく。

風花は、まるで消えるために降っているような儚い雪。
二人の持つ心に負った傷や闇、お互いに話すこともなく隠すこともない。
けれど一緒に旅をすることで相手の痛みと自分の痛みが溶け合ってゆく。
目的があるのが「旅行」そして帰る場所があるのが「旅行」であるなら、
目的もなく、帰る場所を失くした二人のこれは本当の「旅」。
どこにも帰ることも出来ず、「死」さえ現在よりは癒しに思える旅。
観ているうちに、どんどん苦しくなって呼吸さえ出来なくなるほどでした。
せつなくてたまらなかった・・・。
はっきりとした恋愛が描かれている訳ではなく、
お互いを「愛している」と思っている訳でもないのに。
一緒に酒を飲んで、食事をして、あてのないドライブを続けるだけ。
悪態をつき合いながら。
それでも二人の「今」にはどうしても必要なひとだった。
何もかも失おうとして、捨てようとして
そして最後の最後にやっと見えた小さな小さな光。
泣きました。
ドラマティックを求める人にはパッとしない映画かもしれないけど
何かを抱えている人には本当に心に沁みる映画です。

小泉今日子姉さんがハマりきっていて秀逸。
彼女もいつも元気そうに見えるけど、いろんなことを抱えている人のような気がする。
それが演技以上のものにしていたような気がして仕方ない。
最初からずっと煙草を吸ってばかりいるのですが、これがまた似合い過ぎ。
どうせ吸うならこれくらいカッコ良く吸いたいものだ。
浅野忠信もダサくて優柔不断の男役が上手かった。
だんだんカッコよくなって来る感じが良かったし。
彼も大人のいい男になりましたねー。
[PR]

  # by pastellight | 2007-05-11 10:41 | 映画(邦画)

ハル

c0117287_103538.jpg


失恋し、自分を見失いかけていた男が
「ハル」というハンドルネームでパソコン通信を始め、
やがて恋人を亡くした女性「ほし」と名乗る人物とのメール交換が始まる。
まだケイタイもなかった時代。パソコンでのやり取りだけでお互い理解し、
支え合い、顔も知らぬまま恋に落ちていく二人。
二人はさまざまないきさつや事件を乗り越えて、ようやく東京で出会う日が来る。

たぶんストーリーの半分以上が画面に映し出される二人のメール。
(「電車男」を先取りしてたんだね)
その合間に二人それぞれに抱えた問題が挿入されて。
二人がお互いの恋のことや自分のことを伝え合いながら
少しずつ魅かれていく様に自然に感情移入してしまう。
小さな嘘をついたり、二人を繋ぐメールさえ書けない時もあり。
それをお互いに心配しあって、励まし合って。
今、こういう恋ってきっと多いんだろうな。
メールだけでも分かり合える気持ち・・・きっとあるのだと思います。

二人が初めて出会うラストシーンは言葉もありませんでした。
[PR]

  # by pastellight | 2007-05-11 10:36 | 映画(邦画)

Love letter

c0117287_10304161.jpg


神戸に住む渡辺博子は山の事故で死んだ婚約者「藤井樹」の三回忌に出席する。
式の後、樹の実家で卒業アルバムを見せられた博子は、
すでに地図にはない中学時代の住所を発見する。
彼女は、そこに宛てて一通の手紙を出した。
「拝啓、藤井樹様、お元気ですか、私は元気です。」
ところが、どこにも届くはずのない手紙に返事が届いた。
差出人はもう一人の「藤井樹」。
神戸と小樽とで交わされる不思議な手紙。よみがえる記憶。

中山美穂が二役を演じていて、本当に演技も上手いとため息。
不思議な現象、幻想的な雪景色、ノスタルジックな雰囲気。
ストーリーも少しミステリーめいて引き込まれるように見た。
後半の雪山のシーンは堪らなかった。
せつなくてせつなくて。
ラストに明かされる「もうひとつのラブレター」にも涙。
ピュアでせつなくて、でもあたたかくて冬に観たくなる映画です。
[PR]

  # by pastellight | 2007-05-11 10:30 | 映画(邦画)

竜馬の妻とその夫と愛人

c0117287_10205819.jpg


三谷幸喜書き下ろし舞台劇を、市川準監督がツボにハマったキャスティングで映像化。
坂本竜馬に先立たれた妻・お竜は、みすぼらしい男・松兵衛と再婚。
しかし彼女は竜馬そっくりの愛人・虎蔵との駆け落ちを企てる。
松兵衛はお竜を取り戻せるのか…。

思った以上に良くてちょっとビックリ。
「おりょう」を演じる鈴木京香はハマリ役!
凄みさえ感じる美しさはもちろん、凛とした生き方にただ憧れるのみ。
覚兵衛役の中井貴一、愛人役の江口洋介も上手かったのですが
何と言っても夫・松兵衛を演じた木梨憲武が最高でした。
憲武さんがこの役をやったことがこの映画のすべてと言っても
言い過ぎではないでしょう。
ちなみに回想シーンの坂本竜馬にはトータス松本(ウルフルズ)。
これってどうなのか・・・うーん。ノーコメント。

こんなにもシンプルで強い愛があるなんて・・・。
ラストは松兵衛と一緒に涙してしまいました。

覚兵衛と松兵衛のかけ合いがおかしくておかしくて何度も吹き出した。
坂本竜馬暗殺に関わる新説(珍説?)にも爆笑。
でももしかしたらそういうこともあったかも?と思わせてくれるのも楽しい。
いい映画だと思う。
やっぱり坂本竜馬は永遠のヒーローなのですね。
[PR]

  # by pastellight | 2007-05-11 10:27 | 映画(邦画)

かもめ食堂

c0117287_1092387.jpg


フィンランドのヘルシンキで日本食堂を経営しているサチエは、
図書館で知り合ったミドリを食堂のスタッフに迎える。
お客は、日本アニメおたくの青年しかいない店にボチボチ人が集まるように。
悩みをかかえたフィンランド人、荷物が出てこなくなって困っている日本人など、
個性的なお客さんたちが、かもめ食堂に集まり、
サチエたちの温かな心がこもった料理でなごやかな気持ちになっていく。
れっきとした日本映画だが、オールフィンランドロケで、
現地スタッフや役者も参加して作り上げた日本とフィンランドのコラボ映画。
「かもめ食堂」の北欧風のインテリア、シナモンロールやおにぎりなどのお料理もおいしそうで、
ビジュアルも十分に楽しめる。


いい映画だった。

なんかいろんなこと言いたくないほど、本当にいい映画だった。
あったかいとか、優しいとか感動したとか。
そんなんじゃない。

見失っていたものを みつけた。そんな感じ。
・・・ちょっとだけ泣いた。

たぶん普通は泣かないと思うよ。
でも。
忘れない。

終わってから、丁寧にコーヒーを淹れた。
おにぎりが食べたくなった。

「HOME」という言葉に、とても近いもの。

またがんばろうと思った。
[PR]

  # by pastellight | 2007-05-11 10:14 | 映画(邦画)

誰も知らない

c0117287_9582731.jpg


「生きているのは、おとなだけですか。」


1988年に東京で実際に起きた「子ども置き去り事件」をモチーフにし、
母親に置き去りにされた4人の子どもたちが、彼らだけの生活を続ける約1年を描く。

すごい映画を観てしまった・・・。
「巣鴨子供置き去り事件」として耳にしたことがあると思う。
母親が4人の子供を置いて家を出て、子供だけで暮らしてたというもの。
子供達は戸籍もなく、学校へも通ったことがなかった。
実際の事件は、本当はもっと悲惨。
けれど、この映画はあくまでフィクションとして描かれています。
それが救い・・・。わずかな光。
事件に忠実に描かれたら、とても直視出来なかった。

でも涙が出てしまいました。やっぱり・・・。
かわいそうだと思ってしまったら、もう最初から最後まで泣きます。
そんな気持ちじゃなかったな。
なぜかずっとこぼれ落ちない涙があり続けて、
途中、もう声を出してわっと泣きたくなるシーンがいくつかありました。
かわいそうなシーンじゃない。
兄弟の面倒を見る12歳(!)の長男の気持ちの優しさ、
子供達の本当の素の笑顔・・・。そんないくつかに。

ストーリーだけ追えば、この母親は人間じゃない。
けれど、母を演じたYOUさんの存在感がそれを憎ませてくれない。
母も一人の人間で、幸せでなかった人生を背負っていた・・・。
むしろこの母を可哀想だと思ってしまった。
こんなことが出来るほどに心が壊れてしまった人間なのかと。
YOUさん・・・ある意味、すごい女優です。演技じゃないもの、これ。
長男を演じた柳楽優弥くん。
彼の目はちょっと震えが来るほど素晴らしかった。
カンヌで最優秀男優賞を獲ったのも納得!
是枝監督、素晴らしいです。
こんな題材を、こんなに淡々とリアルとフィクションを境目なく融合させてしまう。
撮る側の一歩引いた距離感、映像の透明さ。
そしてタテタカコの主題歌!
あの曲で号泣でした。この歌詞にやられました。
この映画は、間違いなく名作中の名作!

これは、決して子供達に同情するためでもなく、母親を責めるでもなく、
見て見ぬふりをしていた周りの大人にも責任を突きつけていると思う。
でも・・・私はそんな人達の姿に優しさも見たんですね。
もしかしたら、通報したい衝動を抑えていた人もいたんじゃないかと。
何故かは、柳楽くんの台詞を聞けばわかります。
そして決して他人事ではなく、自分の身近で、今、起こっていることかもしれないと。
「誰も知らない」なんて・・・。
そんなこと、絶対に絶対にあってはいけない。

子供達は、こんな状況の中でも母親を憎むことなく、信じ続けた。
待ち続けた。たくましく、生き続けた。
ちっちゃなちっちゃな幸せ、光をみつけながら。
それが、どんなにちっちゃな幸せだったか想像出来ますか?

「生きているのは、おとなだけですか」というコピーが胸に突き刺さる。
これが全くのフィクションであったらと願う気持ちが消えない・・・。
[PR]

  # by pastellight | 2007-05-11 10:07 | 映画(邦画)

有頂天ホテル

c0117287_9505236.jpg


三谷幸喜が監督・脚本を務め、豪華キャストで贈るノンストップエンタテイメントムービー!
高級ホテル「ホテルアバンティ」を舞台に、大晦日から年をまたいだ2時間の間に起こる、
信じられないような災難や奇跡のドラマを描く。

感想は・・・最高!!!
これ、めちゃめちゃいいーーーじゃん!!
あまりの面白さに私だけ2回続けて見てしまったほど(笑)。
笑った、笑った。
爆笑と言うよりは、もうあちこちに笑いが仕掛けられ、おかしくて嬉しくて
「くくくく・・・」とか「ぶっ」「ギャハハハ」とかの連続。
キャストがまた豪華絢爛。
23人もの人が入り乱れ(まさにそんな感じ)、キャラ設定が上手い、上手すぎる!
ハマり過ぎて、またみんな揃って上手すぎる・・・反則だ。
何と言ってもオダギリジョー。MVPは誰が何と言ってもオダギリジョー。
思い出しただけで死にそうになるほどおかしい・・・。
あと好きだったのが西田俊行演じる演歌歌手のマネージャー役の人。
名前知らないんだけど、顔は良く見る人なんだよな。
あのキャラも最高おかしかったです。
ひそかに好きな佐藤浩市もカッコ良かったしなー。
三谷幸喜の脚本、監督作なのでストーリーの良さは言うまでもなく。

主演のホテルの部屋係の松たか子も最高に良かった!
一本芯が通っているカッコ良さ。
このひとの言葉が心にずっしり。
改めて、私もそんな風に生きます!とついて行きたくなるほどでした。

とにかくねー・・・一度は見てください。
絶対損はしないから!少なくとも楽しい気分になれることだけは保証します。
しかし、鹿やら、白塗りやら、あひるやら、探偵やら(見ればわかります)
良くあれだけ謎のもんを思いつくよなー、三谷幸喜。恐るべし。
でもやっぱりオダギリジョー・・・(笑)
今までそれほど好きではなかったけど、このキャラを完璧に演じてくれた彼を
完全に見直しました。素晴らしい!
あのオダギリジョーだけで半年は笑える・・・ありがとうオダギリジョー(笑)。

本当にこういう映画って大好き。
笑って、うなづけて、出てくるみんなが愛すべき人で、ストーリーもしっかりしてて
最後はぐっと来るような映画。
三谷さんは映画もドラマも大体そんな感じで大好きです。
「竜馬と妻とその夫と愛人」「ラヂオの時間」もまた見たくなりました。
[PR]

  # by pastellight | 2007-05-11 09:55 | 映画(邦画)

イルマーレ

c0117287_17382750.jpg


韓国発、手紙がとりなす、切なくて忘れられないラブストーリー。
主演は「猟奇的な彼女」のチョン・ジヒョン。
海辺の家から引っ越そうとするウンジュが、次の入居者のために郵便ポストに手紙を残す。
その手紙が時間をさかのぼり、2年前にそこに住んでいた男性・ソンヒョンの元に届いてしまい、
ふたりは時を超えて愛の書簡を交換することに。
同じ時間では会うことが不可能なふたりの恋の行方が胸をかきむしり、
2年後、すなわち彼女のいる時間に会おうと約束する彼らに訪れる意外な運命…。

最近、アメリカでリメイクされましたね。
映像がとてもきれいです。
桟橋の先にある海の上に建つ家、木のイルミネーション、海、空・・・。
バッググラウンドビデオにも似合いそう。

不思議さ、もどかしさ、せつなさ。
運命は変えることが出来るのかな・・・。
ラストもとても良かった。

「猟奇的な彼女」のパワフルな役とは違って、大人の女性を感じさせます。
ソンヒョンを演じたイ・ジョンジェも私、かなり好きです!
なんか独特の雰囲気あるよねーこのひと。
[PR]

  # by pastellight | 2007-05-09 17:40 | 韓国映画

私にも妻がいたらいいのに

c0117287_17323449.jpg


ソル・ギョングとチョ・ドヨンが共演。
何気ない日常の出来事を通じて平凡な男女の心の動きをユーモラスに描いたラブロマンス。
話をする相手もなく、恋人ともうまくいかない銀行員のボンスは、
いつも彼を熱いまなざしで見つめるウォンジュの姿に気づく…。

結婚願望の強い冴えない銀行員と、学習塾の講師との恋。
二人ともメガネをかけていて、恋には縁のない地味なタイプ。
その二人が出会って、少しずつ心が寄り添っていく過程が
とても丁寧に描かれ、静かだけどとてもいい映画でした。
二人が他愛もない話をしながら手をつないで並木道を散歩するラストシーン。
心があったかくなって、すごく好きだった。

大人の可愛い恋ですね^^
[PR]

  # by pastellight | 2007-05-09 17:33 | 韓国映画

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE